スポンサードリンク
Home >> 挙式・披露宴の費用 >> 和装用小物

和装用小物

 和装を着る場合でも、メインの衣装と帯や扇子などの小物類の料金は別になっていることが多い。
レンタルの衣装合わせをする際に、小物類のレンタルも合わせて準備しておきましょう。


■和装用下着セット  4000円〜9000円

和装には、着物の下に着る掛下や形を作っていくための抱え帯などたくさんの下着小物を使用します。
レンタルでセットになっていることが多いので確認しておきましょう。


■和装用かつら  3万円〜5万円

和装でかつらを使用する場合は、かつら代も別途必要になります。
サイズなどがありますので、衣装合わせの際に決めます。
自然な感じで軽いものが人気です。


■かんざし  1セット約2万円

かんざしには、白無垢用、色打掛用、振袖用などがあります。
デザイン的にはべっ甲や花かんざしなどがあり、素材や大きさなどによって料金が違います。


■花嫁用足袋(購入)  平均1500円

新郎が紋付を着る場合には足袋を履きます。
ほとんどは購入される場合が多いようですが、自分で準備しなければならないのか確認が必要です。


■花嫁用V首下着(購入)  平均1600円

紋付を着る場合には、胸元から下着が見えないようにV首の下着を着ます。
自分で購入する場合が多いので、忘れないように準備しましょう。


■花嫁用ステテコ(購入)  平均1200円

紋付を履く場合には、下にステテコを履くことによって歩きやすくなります。
これも忘れずに購入し準備する必要があります。

 

 

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:挙式・披露宴の費用
Comment








Trackback