スポンサードリンク
Home >> 挙式・披露宴の費用 >> ウエディングケーキの相場
Page: 3/3  << 

ウエディングケーキの相場

 結婚披露宴で欠かせないウエディングケーキにも種類があります。


■生ケーキ  5万円〜7万円

生ケーキは普通に食べられるケーキです。
ケーキカットのセレモニー後は、幸せのおすそ分けとして、ゲストの皆さんに振る舞われます。


■イミテーションケーキ  1万円〜3万円

イミテーションケーキは食べられません。
ケーキカット専用に作られたケーキで、ナイフを入れる部分だけが生ケーキになっています。
見栄えがいい天井まで伸びるタワー状のケーキは、ほぼイミテーションケーキですね。

 

 

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:挙式・披露宴の費用
Home >> 挙式・披露宴の費用 >> 披露宴の飲食代の相場

披露宴の飲食代の相場

お呼ばれされるゲストの皆さんの楽しみは食事です。
おもてなしの意味でも、できるだけ満足できる料理を提供し、喜んで帰って頂きたいところです。


■料理代  一人平均1万4千円

料理のプランも会場によって、幾つかのパターンが用意されています。
例えば、決められたプランにオプションで1品追加するなどの対応もできます。


■子供用の料理  一人平均4300円

子供には子供が喜ぶメニューを用意します。
子供と言っても、乳児、幼児、小学生、中学生などで分かれますが、中学生以上は大人メニューでも
問題ないでしょう。


■新郎新婦用の軽食  2000円〜5000円

披露宴の最中は、主役である新郎新婦は挨拶やお色直しなど動き回っているので、まともに食事をする暇がありません。
お色直しの際に会場から下がった時などに簡単に食べられる軽食を準備しておくようにします。


■飲み物代  一人平均3300円

飲み物代の計算は会場によって異なります。
決められたメニューの範囲内で飲み放題の場合や、目安となる量を準備するパターンなど。
平均すると一人3千円程度の計算になるのが相場のようです。


■ウエルカムドリンク  一人平均950円

控室に待機中のゲストにウエルカムドリンクを提供すると喜ばれます。
金額的には一人500円〜1500円程度の範囲内で、追加料金となります。


■乾杯用ドリンク  一人500円〜1000円

何で乾杯するかによりますが、例えばシャンパンなどで、それが飲み物代に含まれない物である場合は追加料金として発生します。
お酒の種類などによって料金が変わります。


■樽酒  一つ3万円〜6万円

鏡開きをする場合は樽酒の費用が発生します。
鏡開き後は升に入れて皆さんに振る舞うのが普通ですが、その際の升代も別途かかる場合もありますので確認が必要です。


■当日の飲み物代の追加料金  平均3万円

決められたメニュー以外の飲み物をゲストが注文してしまえば、別途飲み物代が請求されることになります。
決められたメニューの範囲内で飲んでもらえればいいのですが、ゲストが分からないで頼んでしまうことも少なくありません。
めでたい席ですし、ゲストに請求する訳にもいきませんので、頭に入れておく必要があるでしょう。


 

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:挙式・披露宴の費用
Home >> 挙式・披露宴の費用 >> 挙式後の演出料の相場

挙式後の演出料の相場

 挙式直後は祝ってくれる親族や友人などで一番盛り上がる場面です。
それだけに演出にも力が入るところです。


■フラワーシャワー  平均1万4千円

ゲストの皆さんに花びらを撒いてもらう定番の演出です。
金額は人数や、使う量によって1カゴ単位で計算するなどのパターンが多いようです。
会場によっては造花を使うところもあるようで、その場合は生花に比べて安めになります。


■バブルシャワー  平均8千円

シャボン玉をゲストの皆さんに吹いてもらって祝ってもらう演出もあります。
これも人数分など、使う量によって金額が決まります。


■バルーンリリース  平均2万5千円

風船を空に飛ばす演出もあります。
これも使う風船の量によって金額が決まります。


■トス用ブーケ  平均6千円

ブーケトス用のブーケです。
花嫁が持つブーケをそのままトスしてもいいですが、トス用ブーケとして別に軽い投げやすいブーケを用意することが多いです。
花嫁が持つブーケをトスした場合は無料です。


 

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:挙式・披露宴の費用
Home >> 挙式・披露宴の費用 >> 挙式費用の相場

挙式費用の相場

挙式にもチャペルで行うパターンや神前式など色々なパターンがありますが、費用としては基本の挙式料に色々な演出に合わせてオプション的に料金が加算される方式が多いようです。


■挙式料  平均26万円

挙式料には、会場使用料、牧師さんや神主さんの人件費、BGM料などが含まれて基本的な挙式料と
されていることが多いようです。


■チャペル装花  平均4万2千円

会場によって挙式料に含まれている所と、そうでない所がありますが、挙式料と別となっている会場の
場合は発生します。
また、挙式時の装花が造花の場合に、別に発生する場合もあります。
金額は、バージンロードや祭壇に飾る装花のボリュームやクオリティーによって決まります。


■キャンドル装飾  1万円〜3万円

これも挙式料に含まれている所と、そうでない所が会場によって異なります。
基本的なプランに含まれているキャンドルの数とは別に、オプションとして追加した場合に発生することも。
ナイトウエディングやチャンドルウエディングなどの場合は、始めから挙式料に含まれていることが多いようです。


■結婚証明書  平均4400円

挙式料に含まれていることが多いようですが、もし含まれていない会場の場合、別に購入することになります。


■結婚指輪  平均19万2千円

挙式の際に、指輪交換をする結婚指輪の相場は平均で約19万円となっています。
石にこだわったり、オリジナルメッセージを入れてカスタマイズをするのが人気のようです。


■リングピロー  平均5千円

挙式の際、結婚指輪を運ぶために乗せるものがリングピロー。
レンタルもありますが、結婚後も使える物を記念に購入する人もいます。


■ゴスペル  2万円〜4万円

挙式料に含まれる曲名リストとは別にオーダーすると料金が発生します。


■生演奏  2万円〜5万円

これも挙式料に含まれるものとは別にオーダーすると発生します。
弦楽三重奏、フルート、ハープ・・・ets
こだわり次第ですね。

 

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:挙式・披露宴の費用
Home >> 挙式・披露宴の費用 >> 結婚披露宴会場の費用

結婚披露宴会場の費用

 結婚披露宴会場に費用を支払う際には、まとめて支払う訳ですが、その内訳は
細かく色々な項目に分類され請求されます。
その中の会場費用について見てみましょう。


■会場使用料・貸し切り料  平均19万5千円

結婚披露宴会場を借りる訳ですから、当然会場使用料が発生します。
またゲストハウスやレストランを貸し切って行う披露宴などもありますが、その際には会場使用料の他に貸し切り料として会場費用が請求されることがほとんどです。


■席料  平均13万円

席料とは、要するに会場の広さに対しての料金です。
100人の披露宴と500人の披露宴では会場の広さが違う訳です。
それが席料として請求されることになります。


■ゲスト控え室  平均2万9千円

挙式後、披露宴がスタートするまでの間に待機するための部屋がゲスト室です。
結婚式前の両家親族の紹介の場としても使われます。


■ブライズルーム  平均3万500円

ブライズルームとは、新郎新婦の着替えやメイクなどを行う支度部屋のこと。
専用のブライズルームが無い会場の場合は請求されませんが、最近はメイクシーンからこだわる
花嫁さんも増えているそうです。


■音響照明料  平均4万5千円

音響照明料とは、音楽や照明のオペレーターの人数や設備によって係る費用のことです。
会場によって請求の名目や費用が異なります。


■特殊照明料  3万円〜5万円

通常のスポットライトとは異なる、特殊な照明の色や場所など、より高度な演出を依頼する場合発生する費用です。
主に、特殊機材の使用料やオペレーター料として加算されます。


■BGM編集料  平均4万2千円

BGMは通常、会場に準備してあるものですが、例えば「この曲のサビの部分だけ使いたい」など
BGMをアレンジした編集を依頼すると発生する費用です。
BGMは自分で専用のCDにアレンジして作れば無料ですが、その技術がなかったり、元となるCDを集めるのに
別途CD代が係ることなどを考えると依頼する人も少なくありません。


■介添え料  平均2万2千円

介添え料とは、花嫁さんのお世話をしてくれるスタッフの料金。
当日花嫁に付きっきりで、着席の際にイスを引いたり、ドレスの裾を直してくれたりなど1日中お世話をしてくれます。
美容師さんが兼任する場合は料金は発生しません。


■サービス料  平均12万5千円

サービス料とは、料理や飲み物などを運ぶ人たちに係る費用。
料金の計算基準は会場によって異なりますが、飲食代と会場費の合計の10%程度が目安となっているようです。


■司会者  平均6万8千円

結婚式を盛り上げてくれる進行役である司会者へ対しての費用です。
司会者は会場と契約している司会者もいれば、有名アナウンサーなど色々です。
身近な友人などにお願いする人もいます。
料金も、誰に頼むかによって異なります。
もちろん、テレビでも有名なベテラン司会者などに頼めば高くなることは当然です。


■プロジェクター使用料  3万円〜10万円

結婚披露宴の演出で多く使われるようになったプロジェクターは、使用料が無料の会場もあれば
別途請求される会場もあります。
費用は機材などによっても異なります。


■ピアノレンタル料  平均2万8千円

ピアノを使用する場合に発生しますが、会場によって無料の所もあります。
料金はグランドピアノかアップライトかによっても異なります。


■カラオケ機材レンタル料  平均1万7千円

披露宴の余興で使われるカラオケも会場によって料金が発生します。
映像が流れる通信カラオケは高めの料金になるようです。

 

※一般的な費用の相場です。個々の料金は会場により異なりますので、実際には会場にご確認ください。

 

 

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:挙式・披露宴の費用
Home >> 結婚式前の費用 >> 披露宴会場を選ぶ際の費用

披露宴会場を選ぶ際の費用

 結婚式会場を決める前ですが、選ぶ段階でも費用が発生する場合も。


■会場見学の際の試食代  約8千円(2人分)

披露宴会場の見学会などがありますが、その際の試食代も請求されるところがあります。
メニューの中から何品かを試食する程度なら無料のところがほとんどですが、本格的にコース料理の
試食となると有料となる場合があります。
金額は全額負担のところから半額のところなどもあります。
見学の際には、あらかじめ確認した方が良いでしょう。


■会場予約の際の内金  平均9万4千円

会場を決める際には、契約のサインと共に内金という形で予約金を支払うところが多いです。
金額は会場によって異なりますので、見学の際に確認したい所です。
支払った内金は、最終的に精算の際、結婚式費用の請求から差し引かれます。


 

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚式前の費用
Home >> 結納の費用 >> 結納に代わる顔合わせ食事会の費用

結納に代わる顔合わせ食事会の費用

 ■結納に代わる顔合わせ食事会の費用  平均7600円

最近では、本格的な結納は行わず、簡略化した食事会のスタイルで、
両家で顔合わせを兼ねた会食を行うパターンも増えています。
その際に、結納金や結婚指輪、結婚記念品などの交換を行うこともあります。
この場合には、昼食(ランチ)のスタイルが多いので平均費用は低くなっています。
結婚式場の下見を兼ねた食事会というパターンもあるようです。

結納にかかる費用の相場はこちら

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結納の費用
Home >> 結納の費用 >> 結納にかかる費用の相場

結納にかかる費用の相場

 「結納」とは、一言で言えば「婚約の儀式」。
両家が顔を合わせて、結婚の約束を行う儀式のことです。
最近は簡略化された結納なども増えてきていますが、正式な結納を行う際の費用についてご紹介します。


■ホテルや結婚式場の結納プラン  平均6万5千円

結婚式を取り扱っているホテルや結婚式場では、会場費や結納品、進行、食事代などがセットになった結納プランを取り扱っているところがあります。
プロが全て取り仕切ってくれますので、一番楽だし間違いはないでしょう。


■結納品  2万円〜5万円

結納品の数や品物については、地域差があるようです。
3品、5品、7品、9品など。
ホテルや結婚式場、デパートなどで購入することができます。


■結納品の受書  5千円〜1万5千円

「受書」とは、簡単に言えば結納品の領収書みたいなもの。
なので「受書」は受け取る側で準備する物です。
場合により家族書・親族書の用意をするので、親や結納会場などに有無の確認をするとよいでしょう。


■結納金  平均84万円

結納金は地域差や、やり方によって50万円や100万円など金額が大きく分かれます。
結納返しの有無など両家で相談し決めることが多いようです。
結納金は向かい入れる側で用意することになります。
もし女性側で男性をお婿さんとして向かい入れる場合は、女性側で準備することになります。


■結納返し  平均35万円

結納返しは一般的に「半返し」と言われます。
結納金が100万円なら50万円をお返しすると言うのが一般的です。
ですが一般論なので、地域差や「気持ちだけでも」という場合もあり、必ずしも半返しという決まりはありません。
お互いの相談で決めるのが一番いいようです。


■婚約指輪  平均37万円

婚約指輪は結納の際に渡すのが一般的です。
金額はダイヤの大きさやクオリティで変わります。
もしオーダーする場合などは、出来上がるまでに時間がかかることが多いので、
結納の時期を計算して注文する必要があるでしょう。


■婚約記念品  平均27万円

婚約記念品は結婚指輪のお返しに当たるもので、これも半返しが目安となっています。
品物に特に決まりはありませんが、定番はスーツや腕時計、最近は新生活で必要になる電化製品などが増えているようです。
記念品は結納会場で渡しますが、会場に持ち込めないような大きな物は目録で渡すのが一般的です。


■結納の食事代  一人平均8800円

結納の際には会食し懇談するのが一般的です。
ホテルや式場の場合もありますが、料亭などで行う場合もあります。
費用の負担は結納金をもらう女性側で負担するのが一般的ですが、親の意向や地域の慣習によっても異なります。

 

 

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結納の費用
Home >> 結婚式前の費用 >> 親へ挨拶に行く際の費用

親へ挨拶に行く際の費用

 結婚が決まったら、お互いのご両親への挨拶が一番始めの儀式ですね。


■男性のスーツ代  平均6万円

「娘さんをください。」というセリフかどうかは別にして、男にとって親への挨拶は一番初めのケジメです。
失礼のない服装で挑みましょう。
一般的にはスーツにネクタイ、革靴を履いていけば問題ないでしょう。
もし職業がら、スーツを持っていないという人は、スーツの準備が必要です。
これらの一般的な相場は平均6万円となっています。


■女性のワンピース、スーツ代  平均2万8千円

親への挨拶は女性も同じです。失礼のない服装で臨みましょう。
女性の場合、おとなしめのワンピースか、スーツが一般的です。
服装にかかる費用の相場は平均2万8千円となっています。


■相手のおうちへのお土産  約3000円〜5000円

挨拶に伺う際、手ぶらという訳にはいきませんので、ちょっとしたお土産を持参するのがマナー。
菓子折りなどが無難なところでしょう。

 


 

lagars11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark | category:結婚式前の費用